トイレの手すり

コルピネン

REGAL-3step1

手すりの高さ調整ができると、なにが良いのでしょうか?!

手すりの役割は、主に、ケガ防止と動きが楽になることです。
高齢者や身体の不自由な方にとって、手すりは必要不可欠なもの。
毎日の生活の中で、とっても重要な役割を担っています。

たとえば・・
<トイレ>
実は、複雑な動作が極めて多いところです!
狭小空間の中で身体の安定を保ち、ケガを防ぐには手すりが役立ちます。
車いすへ移動する際には必要不可欠ですね。


左右に手すりがあると、体重移動がしやすく安定します。

  

手すりをしっかり握れることは、もちろん重要なこと。
自分の高さと手すりの高さが合っていると、身体に負担がかからずに握れて、
体重移動がスムーズです。

ちなみに・・
L字型手すりの取り付け位置は、縦手すりは便器先端から200~300mm
横手すりは、便器上端から220~250mmが適当といわれています。

適切な高さが、みんなに合う高さとは違います。
使う人に合わせて、手すりの高さが調整できることで、
本当に役立つ手すり」になることでしょう~♡