食べる力のサポート

高齢者施設に入居している方の健康状態はさまざまです。

高齢になったり、なにかの病気になると、
食べる力が落ち、体力も落ちやすくなります。
また、
日常的にも、食が細くなると体力が落ちて寝ている時間が長くなり
筋力が低下し、さらに座るのがつらくなる、
なんて悪循環が生じます。

高齢者では「歳のせい」と見過ごしがちですが・・・

食べる事は、生命の維持に欠かせない重要な行為!!
食べる事は、生きる気力の源!!です(^^)


施設内では、食事メニューを人それぞれ変えることはむずかしいので
味付けの濃さや、柔らかさを変えて、
食べる力のサポートをしながら、
たのしい食事をしています(^^)

ユニバーサルデザインフード

ケアショー

「もう年だから、何を食べても同じ」
なんて、言わないでくださいね(^^)


★年齢にかかわらず、健康を保つには、栄養バランスが重要です!!★
https://www.asadaame.co.jp/recipeclub/cooking/images/cook3_image1.gif

第1群 乳・乳製品、卵    ・・おもに骨を強くし、体の力をより高める
第2群 魚介、肉、豆・豆製品 ・・おもに血や肉の元になる
第3群 野菜、芋、果物    ・・おもに体の調子を整える
第4群 穀類、油脂、砂糖   ・・おもにエネルギー源になる


一度にたくさんの量は食べられませんが
一日三食に分けて、摂取するようにしたいです。

ユニバーサルデザインフードは、
かむ力、飲み込む力を参考に選ぶことのできるフードです。

便利な食品を活用しながら、食べることを楽しんでいきましょう♡♡