老人ホームその②

老人ホームの種類はいろいろあります。

施設によって、対象になる人も違ってきます。
主に介護状態の方を対象とした施設は、
先日老人ホームその①でご説明しました。

今回は、主に自立状態の方を対象とした施設を
ご説明したいと思います。


主に自立状態の方を対象とした施設

「介護写真」の画像検索結果
中でも、
≪ サービス付き高齢者向け住宅 ≫ の棟数が多いです。
よく、サ高住と言われる施設ですね。
民間で運営されていて、自立できる高齢者(60歳以上)~軽度の要介護者向け。
介護サービスは提供しません。
資格を持った相談員が勤務していたり、病院への送迎をしてくれたりと、
高齢者がひとりでも安心して生活できる賃貸物件です(^^)

サ高住は、高齢者のために準備された住宅であって老人ホームではありません。
家賃や食費、生活費も毎月かかります。
将来、介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホームに住み替えることもあるので、
ある程度の余力を残した資金プランを考えて生活しないといけませんね。



≪ ケアハウス ≫は、
低所得者でも入居できる、自治体や国の助成金で運営されている施設です。
60歳以上の単身者または、夫婦のどちらか一方が60歳以上であることが前提。
身寄りがない、家族との同居が困難で、独立して生活するには不安が認められる方が対象となっています。
自立型・介護型の2タイプがあります。