車椅子トイレの使い方

多目的トイレ

足腰が健康で、普通に生活ができていると、
トイレの広さや機能を
改めて考える機会はないと思います。

でも、もし、家族が車椅子の生活になったら?

今まで通りの生活っていうわけにはいきません。

家をバリアフリーにしたり
トイレも広くリフォームする必要があります。

介助される人はもちろん、介護する人にとっても
使いやすいトイレにしたいですよね。



使いやすいトイレスペースのオススメは・・・・

●車いすで自力走行できる人は




●介助者の補助が必要な人は


介助者が必要な場合は、一坪サイズくらいの広さが
必要になりますね。


使いやすい車椅子トイレのためには、
トイレスペースを確保して、そのうえ
トイレ内での移動がスムーズに動けることが重要です(^^)

手すり

車椅子の人が自分で移動できる手段は
手すりに掴まること。

トイレ内に設置する『手すり』はとっても重要です!!


便座の両脇に設置して、
体重を支える役割の跳ね上げ手すり
『REGAL』←こちらクリックしてください

5c7e689ebb3581c44a52590d27d7c3e2

トイレ内での移動のための
『アニモサポートバー』←こちらクリックしてください

アニモ
トイレの手すりとして、
オススメです(^^)


車椅子トイレで使いやすいトイレにするためには、
広さや手すりはもちろん、
入口ドアもスライド引き戸にすることが必要ですね。



実用性ばかりを挙げてきましたが
本当の意味で使いやすいトイレというのは、
使う人にとって、居心地の良いと感じられるトイレ。

壁紙の色やトイレグッズなど、お気に入りを取り入れて
快適なトイレ空間をつくることができたらいいですね(^^)